ビルを持つ男性

不動産投資に失敗しないためには|リスクを避ける先見の明

不動産投資のリスク

握手

リスク回避の方法

不動産投資で最もリスクなのは空室のリスクです。家賃収入を得て、利益を得ているケースにおいて空室は利益収入がなくなることを意味しますので、最大のリスクとなるのです。特にローンで物件を購入している場合には、特に死活問題になります。支出だけが増加することによる赤字に転落することもあり得るのです。しかし空室を0にすることはできません。借り手が変わるタイミングでは一定期間の空室は見込んでおくことが大事です。長期間の空室のリスクを発生させないようにするためには物件選択の段階から失敗しない物件を慎重に探すことが何より大事になります。しかしいつ何時起こるかわからない空室を保証するために家賃保証を利用するのも一つの方法です。

保証制度に頼るのは間違い

空室による補てんを行うためには、複数の不動産投資を行うなどの対策が一般的ですが、サラリーマンなどのように複数の不動産を所有することが難しい場合には、保険をかけておくのが最も安全策となります。家賃保証は月々の一定額を納めることでいざ空室が発生したときに家賃の保証をしてくれるのです。しかし永久に家賃保証をしてくれるものではありません。家賃保証する会社も慈善事業ではありませんので空室の期間が長くなる場合対策を求めてきます。例えば、リフォームや家賃の引き下げなどです。コストがかかったり、利益率が下がることは必須であるため、避けたい方法ですが、改善されない場合には、解約も辞さなくなってしまいます。そのため、家賃保証に頼る事を前提にしてはならないのです。