ビルを持つ男性

不動産投資に失敗しないためには|リスクを避ける先見の明

不動産投資のポイント

財布を持つ女性

アパートやマンションの経営は安定した利益を得ることができるので不動産投資として人気があります。不動産投資はFXや株式と違って少ない元手で大きく儲けることはできませんが、大きな損失を出さないメリットがあります。そのため、リスクを避けながらお金を増やしたい方に最適です。経営している不動産は資産として手元に残るので、お金が必要になった時には売却することができます。売却する以外に建物を取り壊してそこに自宅を建てる方法もあります。そのため、自宅を建てる資金を不動産投資で貯めることもできます。また、不動産は相続する際にも活用することができます。現金を相続する際には高額な相続税がかかるので、節税対策として不動産投資を活用する方も多いです。

不動産投資の際には家賃を決める必要があります。家賃は毎月の収入を決めるので、そのエリアの家賃相場を参考にしながら決めることになります。経営する不動産が魅力的だと思うならば家賃相場よりも高く設定することをおすすめします。家賃を高くすることで利益を増やすことができます。ただ、家賃相場と比べて家賃が高すぎると入居者が減ってしまうので、バランスを考えて決める必要があります。一方で確実に入居者を確保したいと思っている方は家賃相場よりも安く設定することをおすすめします。家賃相場よりも安ければ入居者が減ることはないので、毎月一定の利益を見込むことができます。そのため、自分が不動産投資でどのように稼ぎたいかによって家賃を設定することをおすすめします。